大東市 連盟 協会 島根県 雲南市 大東町 交流会 バドミントン

平成24年度 島根・大阪バドミントン交流会 遠征記

  

 ☆6月9日(土)

前日の夜から降り出した雨も、朝の出発時には何とか上がり、先発組の大東市民会館駐車場に6:40頃から参加者が続々と集結。 

大型観光バスも到着し、中野会長・品川副会長からの出発挨拶を受けた後、バスに順次乗車し、保護者の皆様のお見送りも受けながら7:10に出発。 その後、JR住道駅南側・諸福郵便局前を経由。

全ての参加者がバスに乗車し、欠席者なく全員揃って大東市を出発。 

途中、上がっていた雨が再び降り出してきたが、近畿道・中国道・米子道を経由し、目的地の島根県雲南市大東町を目指す。

道中のバス車内では、最初に宇治理事より注意事項も含めた行程説明に続き、江口理事長より挨拶を頂いた。 

その後、マイクを一人づつまわし各参加者の自己紹介。

中にはユニークな自己紹介をするジュニアも。このタイミングでかなり盛り上がった。

大東町到着まで3度のトイレ休憩を挟み、バス車内では北京オリンピックなどの映像を見ながら、勉強も兼ねて午後からの交流試合に向けて各々の士気を高めた。

若干の途中渋滞もあり、予定より10分程遅い12時前に開会式会場の「大東公園市民体育館」へ到着。

 体育館ロビーでは、島根県側の参加者皆様で、例年同様に手厚い歓迎を受け会場入り。 

開会式では、島根大東町体育協会バドミントン部:白根副部長様の進行の中、佐々木部長様の歓迎のご挨拶を頂き、大阪側からは武田理事が挨拶。その後、参加者全員で記念写真撮影。

開会式終了後、小学生はそのまま「大東公園市民体育館」に残り、中学生はバスで「大東中学校体育館」へ、一般は島根県側の車に同乗させて頂き「佐世小学校体育館」へそれぞれ移動。 

早朝からの移動で若干疲れもあった中、各会場で元気よく声も出しながら熱戦を展開。

一般もジュニアに負けず、数多くの試合をこなした。 

練習後は各会場から、立派に改装されました源泉掛け流し温泉の「桂荘」へバスで合流。

交流試合で疲れた体をゆっくりと温泉で癒す事が出来た。 

入浴後はバスで懇親会会場の「大東ドーム」へ。 

一般・ジュニアとも、各テーブルに島根・大阪の参加者が混ざりながら座り、豪華で豊富なバイキング形式のおいしい食事に舌鼓を打ちながら、大いに楽しく交流を深めた。 

懇親会中盤には、ご当地戦隊の『ダイトレンジャー』による“ヒーローショー”が始まり、小学生はもちろん、中学生・大人までもが目を奪われるような熱演に感動し、 最後には握手会もあり、会場全体が非常に盛り上がり楽しませて頂いた。 

また、後半の“大抽選会”では、島根側のお土産は大阪側に、大阪側のお土産は島根側にそれぞれ当たるように準備頂き、特に島根側からの目玉商品でもある『地元特産のお米』を、 大阪側からはパナソニックバドミントンチーム選手一同からの『サイン色紙』など、貴重な様々な豪華商品に一喜一憂しながら、当選した人は最高の笑顔で受け取っていた。 

最後に、牧志副会長によります感謝の挨拶と三本締めで閉会。この懇親会で、更に島根の皆様方と“絆”を深めれたように感じた。 

その後、バスで宿泊場所の「大東地域交流センタ−」へ移動し、荷物を宿泊部屋へ入れた後、例年恒例の『ホタル見物』で裏手川沿いを散策。 

夕方まで続いてた雨も上がり涼しい河川敷を散策。特にジュニアは街頭の無い真っ暗な土手の散策に少々興奮気味。

夜の大自然の中、明るい声が響き渡っていた。 

雨上がりということもあり予想よりも少しホタルが少なく思えたが、中には初めてホタルを見るジュニアもいたので、ほのかな光を見つける度にみんなで興奮しながら、 また、山あい独特の空気を感じながら、普段とは違ったゆったりと時間を過ごす事が出来た。 

宿泊場所に戻り、特にジュニアは広い部屋で男女各1室に別れ各自で布団を敷き、大人数で布団を並べての雑魚寝。

就寝直前(消灯後も!?)まで部屋でも楽しく過ごせた。10時消灯で翌日に備えた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆6月10日(日)

6:30起床。起床後に各自で布団・荷物を整理。 

7時に全員揃っての朝食。

地元名産のしじみ汁も美味しく頂いた。

2日目は初日とは打って変わって良い天気に恵まれ、小学生はバスで「大東中学校体育館」へ、中学生は徒歩で「大東体育文化センター体育館」へ。 

また、一般は佐々木部長様と黒川副部長様に同行頂き、観光へとそれぞれ出発。

ジュニアは初日の疲れも見せず、元気に前向きに半日の交流試合に取り組めた。

一般は出雲大社や日御碕など島根県の名所へと向かい、楽しい半日観光を満喫した。 

その後、ジュニアの各会場にて閉会式を行い、初日同様「桂荘」へ全員がバスで向かい、一般も合流し、入浴後は昼食で美味しいカレーを頂いた。 

昼食後に、バスへ積み込む荷物の整理をした後、たくさんの島根の皆様方々にお見送りを受けながら、13:50に大東町を出発。 

帰阪途中に「お菓子の壽城」に立ち寄り、30分という短い時間であったが各自お土産を購入。 

その後道中に2回のトイレ休憩を取り、夕方の渋滞にも巻き込まれ予定より20分程遅れたが、諸福郵便局前・JR住道駅南側を経由し最終帰着地の大東市民会館駐車場へ無事に到着し、解散。 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2日間という短い期間だったが、バドミントンに懇親・観光にと、大変内容の濃い、充実した遠征になった。 

そして何より、参加者全員が大きい怪我や病気も無く、無事に過ごせた事が良かった事と思います。 

この場をお借りしまして、島根・大阪各方面の関係の皆様方に厚く御礼申し上げます。 

 

 

 



大東市バドミントン連盟
昭和53年創立
お問い合わせは、

Q&A

募集要項記載の連絡先

へとお願いいたします。